2016/04/27

色やフォントは気分で選ぼう!

冊子づくりがもっと楽しくなる! ちょっとしたコツをご紹介♪

フォントカラー

冊子をつくるときに一番こだわりたいところは、やはり誰もが目にする”表紙”。
表紙のイメージでその内容の伝わり方も変わってくるほどです。

表紙というとメインの写真のみを意識しがちですが、実はもう一つ重要なポイントがあります。
それはタイトルの”フォントと色”です!

本屋さんに置いてある雑誌を思い浮かべてみてください。
たくさんの雑誌が同じ棚に並び、しかも毎号違う写真。
それでもお目当ての雑誌はスッと視界に入ってきませんか?

一目でそれとわかる文字の形(フォント)。
そして雑誌の雰囲気をさらに特徴づける色。

この2つが目印となって、数ある雑誌の中から好みのものを見つけることができるんですね。

冊子のシンボルとも言える、タイトルのフォントと色。
このページではその2つの選び方のちょっとしたコツをご紹介します。

フォント選びのコツ

フォントといってもどれを選べば良いのか、けっこう迷ってしまうものです。
ですがちょっと視点を変えるだけで、より明確なイメージができて、選ぶことがずっと楽しくなりますよ。

例えば、みなさんはお店で洋服を買うとき、どんな風に選びますか?
すっきり見せたいから、細身のものを。
カジュアルにしたい時は、少しゆったりしたものを。
シックな黒系が多いから、たまには気分を変えて明るめの色で!
少し落ち着いた感じに、茶色とか…

といったように、まず自分の中に何となくイメージがあり、次にその条件に合いそうな色や形を探していくといったパターンが多いのではないでしょうか。
※もちろん他にも素材や価格などの要因はありますが。

フォントも服装と同じように考えると、すんなりと自分のイメージに近づけることがきます。
①まず全体的にどんなイメージにしたいか?
②それには、どんなフォント(形)が適しているか?
③この雰囲気には何色が合っているか?

ではさっそくご自身のイメージに合った組み合わせを探していきましょう!


Q:つくりたい冊子はどんなイメージですか?


フォントが決まったら、次は色を選びましょう。色は雰囲気を強調してくれます。


Q:どんな雰囲気の冊子にしたいですか?

いかかでしょうか? ご自身のイメージに近い組み合わせは見つかったでしょうか?
組み合わせ次第で、他にも様々な魅せ方ができます。
是非ご自身に合った冊子づくりのスタイルを見つけてくださいね!

フォントと色の組み合わせをさっそく試してみよう!

冊子をつくってみる

カテゴリ : つくり方のヒント
タグ :

ページトップへ