2016/05/25

ご利用事例 [Pict.in STUDIO様の場合]

「MEME PAPERを使っているのは、どんな人?」「どれくらいの頻度で使っている人が多いの?」などのご質問をいただくことが増えました。
そこで、MEME PAPERをご活用いただいているお客様の事例をここでご紹介いたします!
今回お話を伺ったのは渋谷にある撮影スタジオ「Pict.in STUDIO」代表のフォトグラファー立木圭之介さん。MEME PAPERを選んだポイントやご注文スケジュールに加えて、作品ひとつひとつのエピソードも伺うことができました。ぜひ参考になさってください。

「Pict.in STUDIO」様の場合

Pict.in STUDIO様は、東京渋谷徒歩5分に立地する撮影スタジオです。アーティストとのコラボ作品や、撮影した写真をフォトブックとしてまとめる際に、MEME PAPERをご利用いただいています。

MEME PAPERを選んだポイントは?

ハードカバーなどの構えたイメージでなく、映画のパンフレットのような気楽な体裁も「今、ちょうどやっている案件」という勢いのあるプレゼンなどに適しています。また、もしも気に入って頂けたらかまえずにお客様へ差し上げる事もできるのが、MEME PAPERの特徴で良さだと考えています。
自分は写真教室もいくつか持っており、熱心で優秀な生徒さんたちから逆に多数あるフォトブックの評価なども聞くことがありますが、A4の大きいサイズで、気楽に一冊からこのお値段でつくれるのはMEME PAPERさんしか見当たりません。見開きでA3になる迫力なども含めて、まず最初の一冊を作る場合に、いつもオススメしています。

ご注文スケジュール

一回の注文は10部前後。ひと月に1~2回程度、ご注文いただいています。少なくなったら増刷も。

制作した冊子について

それぞれの冊子について、作成時のエピソードや使い方をお伺いしました。

スタジオのフォトイメージとして、アーティストのオブジェとモデルさんの異色コラボという方向で撮りました。
こちらは最初に試しに作ったものです。

最初の作品をつくった後、アーチストさんなどの意見をきいて、内容をブラッシュアップしたものがこちらです。
林美登利さんによる素晴らしいドールと個性的なモデルさんを合わせる不思議な世界観で、かなりサブカルチャー寄りの濃いイメージになっています。
写真教室の生徒さんにも繰り返しよく言うのですが、デジタルでの写真やフォトブックなどのサービスは、経済的にも労力的にも「試しにつくってダメならやり直す」という作業にも適しており、全体のイメージを共同作業などで確認するためにも、非常に有効だと思っています。

友人の写真家ファミリーを撮らせて頂いたものです。
ご自宅近くでの数時間のロケで撮らせて頂き、それを12Pでまとめました。「ファミリーの写真をプロにお願いしたらどういう仕上がりになるの?」という事もよく聞かれるので、業務の事例としても使える意味で制作しています。「本編の映画(ご本人達のドラマ)があってその撮影(生活)のオフショット」をパンフレットのフォトブックにしたようなイメージでつくってみました。

これは3冊目の撮影をする前に、奥様とお話した時に雑談のなかでお見せ頂いた写真が、ほぼすべてスマホで撮られているにも関わらず、ものすごく良い写真が多く感動したので、奥様の写真データ数百枚をお借りして制作しました。
“子育てに忙しい若い女性がスマホで数年かけて撮った写真も、プロのスタジオがフォトブック用に厳選して、さらにデザインしてまとめたらどのような仕上がりになるか”という事例として、上記の「プロがロケで撮ったフォトブック」と対になる形でプレゼンなどに利用させて頂き、たいへんご好評を頂いています。

「Pict.in STUDIO」さんのご紹介

Pict.in STUDIO は、東京渋谷徒歩5分に立地する撮影スタジオです。
写真撮影・美術品や博物館カタログ・宣材写真・オーディション用
ライブ撮影・フォトブック制作・広告等で使用されるビジュアル制作を行っております。
また、スタジオレンタルも行っておりますので撮影やワークショップなど幅広くご利用頂けます。

あまり広くはありませんが雑居ビルの壁や天井板を取り払い一室をリフォームしていますので
独特な雰囲気になっており「隠れ家系スタジオ」などと仰って下さるお客様もいらっしゃいます。

Official Web Site

MEME PAPERでつくった作品はこちら

写真のプロにもご愛用いただいているMEME PAPER、あなたもつくってみませんか。
こちらのページから、かんたんお見積りもできます。
商品について詳しくみる

カテゴリ : つくり方のヒント
タグ :

ページトップへ